2016.12.1 13:59

錦織より速い!? IPTL会場横で最速210キロの“サーブ”を体感しよう

錦織より速い!? IPTL会場横で最速210キロの“サーブ”を体感しよう

特集:
錦織圭
世界トップクラスの“サーブ”を体感できる特設コート

世界トップクラスの“サーブ”を体感できる特設コート【拡大】

 テニスの国際イベントで男女混合のチーム対抗戦インターナショナル・プレミア・リーグ(IPTL)の日本ラウンドが2日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。日本勢は男子の錦織圭(日清食品)、女子の奈良くるみ(安藤証券)が名を連ね、外国勢では男子のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)、ニック・キリオス(豪州)らが出場する。

 会場横には、世界トップクラスの“サーブ”を体感できる特設コートが設置される。参加者は4種の球速(180キロ、190キロ、200キロ、210キロ)を選ぶと、壁から選択したスピードのサーブが飛び出してくる。体験後にはコカ・コーラが提供される。

 また錦織のモノマネで知られるお笑いコンビ、キャベツ確認中のしまぞうZがゲストとしてイベントを盛り上げる。

今、あなたにオススメ
Recommended by