2016.12.1 10:31

ロシアドーピング問題踏まえ開催地を中国に 18年世界競歩チーム選手権

ロシアドーピング問題踏まえ開催地を中国に 18年世界競歩チーム選手権

 国際陸連は11月30日、モナコで理事会を開き、2018年世界競歩チーム選手権の開催地に中国の太倉を選出したと発表した。当初はロシアのチェボクサリで開催する予定だったが、国家ぐるみのドーピング問題でロシア陸連が資格停止処分となっている現状を踏まえ、開催地の変更を決めた。

 来年4月にバハマで世界リレー大会が開かれることも決まった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by