2016.11.30 10:39

阪神大震災当日誕生の照強、晴れて新十両に

阪神大震災当日誕生の照強、晴れて新十両に

新十両昇進が決まり、記者会見する大相撲の照強=福岡県太宰府市

新十両昇進が決まり、記者会見する大相撲の照強=福岡県太宰府市【拡大】

 大相撲の力士で、阪神大震災が起きた1995年1月17日に震源地に近い兵庫県洲本市の病院で生まれた照強(21)=本名福岡翔輝、兵庫県南あわじ市出身、伊勢ケ浜部屋=が来年1月に開催される初場所(東京・両国国技館)で新たに十両へ昇進することが30日、日本相撲協会の番付編成会議で決まった。

 十両以上は関取と呼ばれて月給をもらえるようになるなど、相撲界では力士として一人前の扱いを受ける。

 晴れて出世を果たした照強は、2010年3月の春場所で15歳のときに初土俵を踏んだ。身長168センチ、体重112キロの小兵ながら、西幕下9枚目で臨んだ今月の九州場所で7戦全勝の成績で優勝した。

照強「本当にうれしい。自分としてはちょっと(昇進が)遅かったと思うが、これから頑張る。研究されても、その上をいくような技を磨きたい。土俵を沸かせられる力士になりたい」

今、あなたにオススメ
Recommended by