2016.11.30 19:03

園田、嘉村組は疲れ感じさせない快勝 鋭い動き披露/バドミントン

園田、嘉村組は疲れ感じさせない快勝 鋭い動き披露/バドミントン

男子ダブルスで初戦を突破した園田(右)、嘉村組=代々木第二体育館

男子ダブルスで初戦を突破した園田(右)、嘉村組=代々木第二体育館【拡大】

 バドミントンの全日本総合選手権第2日は30日、東京・代々木第二体育館で各種目の1回戦が行われ、男子ダブルスでは、27日までの香港オープンを制した園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)や遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)などが初戦を突破した。

 香港オープンで男子ダブルスの日本勢として5季ぶりにスーパーシリーズ(SS)を制した園田、嘉村組は28日に帰国したばかり。嘉村は「疲れがないと言ったらうそ。でも今大会まで連戦なんだと意識してやってきたから大丈夫」と鋭い動きを披露した。

 後衛で強打を打ち込んだ園田は「一つの目標だったSSは優勝できたが、全日本総合で勝ってこそ日本のエース。ここが大事」と気合十分だ。

  • 女子シングルスで2回戦進出の山口茜=代々木第二体育館
  • 子シングルスで金子真大(左)に0-2で敗れた奈良岡功大=代々木第二体育館
  • 女子シングルスで2回戦へ進んだ奥原希望=代々木第二体育館
  • 女子ダブルスで快勝した高橋(奥)、松友組=代々木第二体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by