2016.11.30 18:50

タカマツ、視線は世界へ「今大会の勝ち負けよりも…」/バドミントン

タカマツ、視線は世界へ「今大会の勝ち負けよりも…」/バドミントン

女子ダブルスで快勝した高橋(奥)、松友組=代々木第二体育館

女子ダブルスで快勝した高橋(奥)、松友組=代々木第二体育館【拡大】

 バドミントンの全日本総合選手権第2日は30日、東京・代々木第二体育館で各種目の1回戦が行われ、女子ダブルスでリオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は高校生ペアに2-0で快勝した。

 五輪女王の高橋礼、松友組は高校生との1回戦でも手を抜かなかった。高橋礼は「(ライバルの)中国やデンマークのペアを想定してやった」と、守備ラインをコート前方に保って攻撃的なレシーブを繰り出した。

 2人が目下のターゲットに据えているのは2年連続日本一ではなく、2年ぶりのスーパーシリーズ・ファイナル制覇だ。12月中旬の大舞台を見据え、松友は「今大会の勝ち負けよりもファイナルで勝てるプレーを試したい」ときっぱり言った。

  • 女子シングルスで2回戦へ進んだ奥原希望=代々木第二体育館
  • 男子ダブルスで初戦を突破した園田(右)、嘉村組=代々木第二体育館
  • 子シングルスで金子真大(左)に0-2で敗れた奈良岡功大=代々木第二体育館
  • 女子シングルスで2回戦進出の山口茜=代々木第二体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by