2016.11.30 17:56

タカマツが高校生ペアに圧勝 オグシオとの対戦を思い出す 全日本総合選手権/バドミントン

タカマツが高校生ペアに圧勝 オグシオとの対戦を思い出す 全日本総合選手権/バドミントン

女子ダブルスで快勝した高橋(奥)、松友組=代々木第二体育館

女子ダブルスで快勝した高橋(奥)、松友組=代々木第二体育館【拡大】

 バドミントン・全日本総合選手権 第2日(30日、東京・代々木第2体育館)各種目の1回戦が行われた。女子複はリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=がストレート勝ちで初戦を突破した。

 連覇を狙う“タカマツ”は高校2年生ペアを21-9、21-13で下した。高橋は、宮城・聖ウルスラ学院英智高時代に当時の女子複を席巻していた“オグシオ”こと小椋久美子、潮田玲子組と対戦したことを述懐。「私はオグシオさんに、こんなに向かっていけなかった」と振り返った。松友は「力をぶつけようとする気持ちが伝わってきた」と10代のペアをたたえた。

 女子単はリオ五輪銅メダルの奥原希望(21)=日本ユニシス=が、全日本ジュニア選手権女王の高橋明日香(福島・ふたば未来学園高)を2-1で下し、昨年4強の山口茜(19)=再春館製薬所=も2回戦に進んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by