2016.11.30 21:08

IOC会長、4者協議を評価 五輪引き継ぎ会議終了

IOC会長、4者協議を評価 五輪引き継ぎ会議終了

「引き継ぎ会議」で、閉会のセッションに中継映像で登場したIOCのバッハ会長=東京都内のホテル

「引き継ぎ会議」で、閉会のセッションに中継映像で登場したIOCのバッハ会長=東京都内のホテル【拡大】

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピック組織委員会などから2020年東京大会に向けた運営ノウハウを聞く「引き継ぎ会議」が30日、東京都内で3日間の日程を終えた。閉会のセッションで国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイス・ローザンヌから中継映像で登場し、東京がIOC、大会組織委員会、都、政府の4者協議で開催コスト削減を進めていることを「素晴らしい成果を出してくれている」と評価し「革新的な五輪になると確信している」と信頼感を示した。

 1964年東京五輪にバレーボールのブラジル代表として出場したリオ大会組織委員会のヌズマン会長は「私たちはみなさんのそばに常にあり、共に歩む」と東京への支援を約束。東京組織委の武藤敏郎事務総長は「リオは組織委とリオ市が緊密な連携の下に大会を成功させたということが印象深かった」と関係機関の協力の重要性を再認識したと述べた。

 会議には東京から組織委や都、政府関係者ら約500人が参加。財務、競技会場の整備や運営、警備、チケット販売などテーマごとにセッションが設けられ、リオの関係者から経験や知識を伝えられた。

今、あなたにオススメ
Recommended by