2016.11.30 05:00

小池都知事と森会長、大会経費についても火花!

小池都知事と森会長、大会経費についても火花!

東京五輪四者協議会議でアジェンダ2020を手に説明する小池百合子都知事(右)。左端は聞き入る大会組織委の森喜朗会長=東京都港区(春名中撮影)

東京五輪四者協議会議でアジェンダ2020を手に説明する小池百合子都知事(右)。左端は聞き入る大会組織委の森喜朗会長=東京都港区(春名中撮影)【拡大】

 小池vs森再び! 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直し問題で、大会組織委員会など4者のトップ級会合が29日、東京都内のホテルで開かれた。

 大会経費についても小池氏と森会長がやりあった。都の調査チームは「3兆円を超える」との試算を発表していたが、組織委側はこの日、「現時点で2兆円を切る見込み」と報告。小池氏が「予算ではなく、結果として大会が終わったときにいくらかかるか」と強調すると、森会長は「あたかも3兆円とばかり皆さんに言われると、はなはだ迷惑」と語気を強めた。

 「五輪水泳センター」は683億円だった整備費が514億円、「海の森」は491億円から298億円へとそれぞれ削減。コーツ氏は「上限が2兆円でも高すぎる」と、さらなるコストカットと予算の早急な提出を求めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by