2016.11.30 08:53

ボルト、ドーピング違反者に永久失格を求める「追放するべき」/陸上

ボルト、ドーピング違反者に永久失格を求める「追放するべき」/陸上

 リオデジャネイロ五輪の陸上男子短距離で100メートル、200メートル、400メートルリレーの3冠を3大会連続で達成したウサイン・ボルト(ジャマイカ)はロシアの国家ぐるみのドーピング問題などを踏まえ「道を外れて不正した選手は完全にスポーツ界から追放するべきだ」と、違反者に永久失格の厳罰を求めた。29日、英BBC放送が報じた。

 30歳のボルトは来年8月の世界選手権(ロンドン)を最後に引退する。薬物スキャンダルがまん延しているスポーツ界の現状を懸念し「自分はいつも不正撲滅に永久失格が必要だと思っている。それが最も重要なことだ」と指摘。「単なるミスや間違いには多少の余地を残してもよいが、故意にやる場合は厳しく罰するべきだ」と訴えた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by