2016.11.27 18:17

優勝候補の豊田自動織機が失格…たすき受け渡しでミス/駅伝

優勝候補の豊田自動織機が失格…たすき受け渡しでミス/駅伝

第1中継所に駆けこむ豊田自動織機1区の福田有以(左から2人目)。豊田自動織機はこのたすき渡しがミスとなり失格となる=宮城県塩釜市(代表撮影)

第1中継所に駆けこむ豊田自動織機1区の福田有以(左から2人目)。豊田自動織機はこのたすき渡しがミスとなり失格となる=宮城県塩釜市(代表撮影)【拡大】

 全日本実業団対抗女子駅伝(27日、宮城県松島町文化観光交流館前-仙台市陸上競技場)優勝候補の豊田自動織機が失格となった。1区の福田が3番手で中継所に到達した時点で次の走者の姿はなし。2区の島田は慌ててコースに飛び出し、たすきを受け取ったが、ルールで定められた「中継線から進行方向20メートルの間」にたすきの受け渡しを完了できなかった。

 主催者によると、中継線から20メートルの位置にいた審判員が、約50センチのオーバーを目視で確認した。長谷川監督は「やってしまったことはしょうがない。全員で受け止めないと」と唇をかんだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by