2016.11.19 14:02

人種差別発言のスターリング氏、NBAなど訴えた裁判で和解

人種差別発言のスターリング氏、NBAなど訴えた裁判で和解

 米プロバスケットボール、NBAクリッパーズの前オーナーで、人種差別発言により永久追放処分を受け、チームを売却させられたドナルド・スターリング氏が、損害賠償などを求めてNBAなどを訴えていた裁判で和解が成立した。18日、同氏の弁護士が認めたとAP通信などが報じた。和解条件は明らかにされていない。

 スターリング氏は2014年に知人との会話の中で黒人を差別する発言があったことが発覚し、NBAから処分を受けた。これに対し、処分の無効化や約10億ドル(当時約1000億円)の賠償を求めて提訴した。(共同)