2016.10.30 18:56

立命大、序盤の出遅れ響き追い上げ及ばず…菅野「この結果は悔しい」/駅伝

立命大、序盤の出遅れ響き追い上げ及ばず…菅野「この結果は悔しい」/駅伝

 全日本大学女子駅伝(30日、仙台市陸上競技場-仙台市役所前市民広場)6連覇を狙った立命大は序盤の出遅れが響き、トップと1分11秒差の2位に追い上げるのが精いっぱいだった。1区区間6位だった菅野は「優勝だけを目標にしてきた。この結果は悔しい」とうつむいた。

 故障者が出て満足な練習を積めず、6区を走った主力の大森も左足甲を痛めて大会直前まで本格的に走れない状態だったという。大森は「1秒でも差を詰めて、先頭に追い付くつもりだったが…」と涙を流した。