2016.10.22 04:01

浅見、上野、福見ら!女子新コーチに世界女王/柔道

浅見、上野、福見ら!女子新コーチに世界女王/柔道

 柔道のリオデジャネイロ五輪・パラリンピック報告会が21日、東京都内で行われ、2020年東京五輪へ向けて女子代表監督に就任した増地克之氏(46)は、報道陣の取材に応じて新指導体制を発表。48キロ級元世界女王で引退したばかりの浅見八瑠奈氏(28)がシニア、ジュニア兼任コーチとなった。

 ほかに63キロ級の上野順恵氏(33)や48キロ級の福見友子氏(31)ら元世界女王が新たにコーチに。五輪2連覇の谷本歩実氏(35)はジュニア担当となり、塚田真希氏(34)も続投。監督を含む9人中5人が女性となった。

 増地監督は「将来の女性監督を視野に育てるのも私の役目」とし、浅見氏について「柔道に取り組む姿勢は尊敬できる。そこを伝えてほしい」と話した。