2016.10.19 12:31

東京五輪に向け国際会議 京都で開幕

東京五輪に向け国際会議 京都で開幕

 2020年の東京五輪・パラリンピックや19年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向けて文部科学省などが開催する国際会議「スポーツ文化ワールドフォーラム」が19日、京都市で始まった。

 講演した京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授は「ノーベル賞受賞者に京都にゆかりの人が多い理由の一つは京都の文化と伝統。文化に触れると、新しいアイデアにつながる」と話した。茶道裏千家(京都市上京区)前家元の千玄室大宗匠も講演し「温かいお互いの心で触れ合うことで、各国の人と情をつなぎ合うことができる」と提案した。 会議は22日まで京都市と東京都で開かれ、文化やスポーツによる国際貢献の在り方について議論する。20日には東京都で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が基調講演する。