2016.10.19 17:33

国際体操連盟会長に渡辺氏を選出 五輪競技で卓球・荻村氏以来

国際体操連盟会長に渡辺氏を選出 五輪競技で卓球・荻村氏以来

国際体操連盟の新会長に日本人で初めて選出された渡辺守成会長を祝福する鈴木大地スポーツ庁長官(左)とブルーノ・グランディ前会長(中央)=東京都港区(撮影・春名中)

国際体操連盟の新会長に日本人で初めて選出された渡辺守成会長を祝福する鈴木大地スポーツ庁長官(左)とブルーノ・グランディ前会長(中央)=東京都港区(撮影・春名中)【拡大】

 国際体操連盟(FIG)は19日、東京都内での総会で日本協会の渡辺守成専務理事(57)を新会長に選出した。各国・地域連盟の投票で、欧州体操連合のジョルジュ・グルゼク会長(68)=フランス=に100対19で圧勝した。アジア人初で、五輪実施競技の日本人の国際連盟会長は1994年に死去するまで国際卓球連盟のトップを務めた荻村伊智朗氏以来。

 任期は2017年から4年間。同日夜に記者会見する。国際スポーツ界では近年、日本の影響力低下が課題となっていた。渡辺新会長の就任によって日本の存在感が増すことで20年東京五輪へ向けても期待が広がる。

 渡辺新会長は北九州市出身で、東海大体操部時代にブルガリアへ留学し、ジャスコ(現イオン)入社後は新体操教室の事業展開に携わった。日本協会では二木英徳会長の“懐刀”として、迷走が続いた強化体制の刷新を進めるなど、体操ニッポン復活に大きく貢献。13年からはFIG理事も務めている。

 現会長のブルーノ・グランディ氏(イタリア)は今年までの5期目で退任する。

1984年ロサンゼルス五輪体操男子個人総合金メダリストの具志堅幸司氏の話「ほっとした。アジア人初の快挙で、重みのある当選だと思う。これからも多くの信頼を勝ち取りながら、改革に突き進んでほしい」

バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長の話「圧倒的な勝利だった。渡辺新会長のFIGとIOCは今後も良好な関係を維持し、体操が五輪で成功を収めることを確信している」

渡辺守成・国際体操連盟新会長の話「会長になったからといって、上の立場になるとは思わない。縁の下から世界の体操を支えていきたい。体操のプレゼンス(存在感)が上がるようなサイクルを早くつくりたい」