2016.10.18 20:44

来日中のブラジル大統領、東京五輪にエール「成功を確信している」

来日中のブラジル大統領、東京五輪にエール「成功を確信している」

 来日中のブラジルのテメル大統領(76)が18日、東京都内で共同通信など報道各社と会見し、リオデジャネイロ五輪・パラリンピック開催国として、2020年東京大会について「日本にはきちんとした組織力、秩序があり、成功を確信している」とエールを送った。

 前政権で副大統領だったテメル氏は8月末、ルセフ大統領が国家会計を粉飾したなどとして罷免され昇格。18年末までのルセフ氏の残り任期を務めるが「家の中を整理して次の政権に引き渡すだけ。再選を目指す考えはない」と断言した。

 東京大会について「先輩としてのアドバイスなどは特にない」とした上で「リオ大会の前には本当に開催できるのかという疑問の声が世界中から上がっていたが、成功のうちに終えることができたことは誇りに思っている」と話した。

 ブラジル経済立て直しのために支出を抑え、財政規律を重んじる政策を推し進めていると強調。公共事業に民間の参入を積極的に促す考えを示し「(20日までの)日本滞在中に投資を呼び掛けたい」と述べた。

 テメル氏は19日、安倍晋三首相と会談する。ブラジル大統領の訪日は08年のルラ元大統領以来、約8年ぶり。公式訪問としては05年の同元大統領以来、約11年ぶりとなった。(共同)