2016.10.18 18:51

埼玉県議、国交省に彩湖の使用要望 五輪ボート誘致

埼玉県議、国交省に彩湖の使用要望 五輪ボート誘致

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場見直しを巡り、埼玉県議会の議員連盟は18日、国土交通省を訪れ、同省が管理する埼玉県戸田市の彩湖を会場として使用できるよう田中良生副大臣に要望書を手渡した。

 議員連盟によると、田中副大臣は「彩湖を使用することは不可能ではない」と話したという。

 一方、埼玉県の上田清司知事は18日の記者会見で、彩湖の整備費用について「国交省の許可が得られれば、共同で試算させてもらいたい」と述べた。ただ、宮城県登米市の長沼ボート場も検討されている点に関連し「誘致合戦のヒートアップに巻き込まれるのは本意ではない。ごり押しで突き進んでいくものではないと思っている。冷静に対応したい」との考えを示した。