2016.10.15 16:13

国士舘大、雪辱の9位通過 住吉「死ぬ気で挑み、最低限の走りはできた」/駅伝

国士舘大、雪辱の9位通過 住吉「死ぬ気で挑み、最低限の走りはできた」/駅伝

 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(15日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園=20キロ)前回箱根予選会で10位と10秒差の11位で出場権を逃した国士舘大は、雪辱の9位通過。添田監督は「何とか10人が走り切ってくれた」とほっとした表情を浮かべた。

 チームトップの13位だった住吉は手の甲に「粘り」と書いて、つらくなったときは、その文字を見て頑張った。「死ぬ気で挑み、最低限の走りはできた」と満足そうだった。