2016.10.3 05:01

リオ「金」大野、野村氏らからV4指令「プレッシャーしか…」/柔道

リオ「金」大野、野村氏らからV4指令「プレッシャーしか…」/柔道

野村(右)と篠原(左)にリオ五輪での金メダルを見せる大野

野村(右)と篠原(左)にリオ五輪での金メダルを見せる大野【拡大】

 リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダリストの大野将平(24)=旭化成=が2日、奈良・天理市内で行われた「野村忠宏杯少年柔道大会」に参加。同60キロ級で五輪3連覇の野村忠宏氏(41)と2000年シドニー五輪の100キロ超銀メダルの篠原信一氏(43)から柔道界初の“4連覇指令”を受け、タジタジになった。

 「プレッシャーしか感じなかったです…」

 圧倒的な力で世界を制した男も天理大の先輩たちには受け身の連続。野村氏が「ことあるごとに3連覇に挑戦したいと言ってくれてうれしい」と期待すると、篠原氏は「でも、野村は並ばれたり、抜かれることを許さない」とニヤリ。すると、野村氏から「仮に4連覇に挑戦するときは何歳?」と振られ、大野が「36歳です」と答えると、篠原氏は「まだいける!!」と追い打ちをかけた。

 もちろん、太鼓判を押されても、慢心しないのが若武者の強さ。「東京で勝たないと3連覇に挑戦する権利もない」と足元を見つめた。“野村超え”の資格は十分だ。 (小松真也)