2016.9.23 20:33

八角理事長、稀勢の綱とりは白紙に戻るとの見解「仕切り直しだ」

八角理事長、稀勢の綱とりは白紙に戻るとの見解「仕切り直しだ」

下手投げで稀勢の里を下した鶴竜=両国国技館(撮影・小倉元司)

下手投げで稀勢の里を下した鶴竜=両国国技館(撮影・小倉元司)【拡大】

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は大相撲秋場所13日目の23日、4敗目を喫した大関稀勢の里の綱とりについて「仕切り直しだ。(継続は)無理でしょう」と語り、白紙に戻るとの見解を示した。

 横綱昇進の条件となっていた初優勝の望みは、この日で完全に消滅した。番付編成を担う審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は、12勝を挙げれば11月の九州場所に綱とりがつながる案を示していたが、その可能性もなくなった。幕内後半の取組を見守った出羽海審判長(元幕内小城ノ花)も綱とりの継続について「厳しい」と述べた。

 稀勢の里は終盤に昇進の話題が浮上した5月の夏場所を含めれば、3場所連続の綱とりだった。

  • 千代の国がはたき込みで玉鷲を破る=両国国技館
  • 取り組み後、支度部屋に引き上げる豪栄道=両国国技館(撮影・桐原正道)
  • 首投げで日馬富士を破った豪栄道=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 首投げで日馬富士を破った豪栄道=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 悔しさのあまり土俵に座り込む日馬富士=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 首投げで日馬富士を破った豪栄道=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 押し倒しで高安を破った御嶽海=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • 押し倒しで高安を破った御嶽海=両国国技館(撮影・小倉元司)
  • とったりで松鳳山を破った遠藤=両国国技館(撮影・小倉元司)