2016.9.22 19:38

数野&栗原組、初戦で韓国ペアに完敗「申し訳ない」/バドミントン

数野&栗原組、初戦で韓国ペアに完敗「申し訳ない」/バドミントン

 バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン第3日は22日、東京体育館で各種目の2回戦が行われ、男子ダブルスでリオ五輪8強の早川賢一、遠藤大由組は、垰畑亮太、佐伯祐行組にストレート負け。混合ダブルスの数野健太、栗原文音組(いずれも日本ユニシス)も韓国のペアに0-2で敗れた。

 混合ダブルスでリオデジャネイロ五輪8強の数野、栗原組は初戦の2回戦で韓国ペアに完敗した。過去2勝2敗の相手の守備を崩せず、一方的な展開に。栗原は「地元の大会で勝ちたいという気持ちを強く持っていたが、こういう試合になって申し訳ない」と口を真一文字に結んだ。

 30歳の数野は「ことし残りの国際大会や、全日本総合選手権でいい結果を目指す」と気持ちを切り替えた。