2016.7.31 23:33

八角理事長、九重親方死去に落胆色濃く取材対応なし…コメントは「落ち着いてからにさせて」

八角理事長、九重親方死去に落胆色濃く取材対応なし…コメントは「落ち着いてからにさせて」

八角親方

八角親方【拡大】

 大相撲で史上3位の優勝31度を誇り、昭和から平成にかけて一時代を築いた元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が7月31日午後5時11分、すい臓がんのため東京都内で死去した。九重部屋関係者が明らかにした。61歳。北海道福島町出身。

 歴史に名を刻んだ偉大な横綱がこの世を去った31日、角界に大きな衝撃が伝わった。同じ部屋の弟弟子だった日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は落胆の色が濃く、そのせいか取材対応もなかった。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によれば「あまりのショックでコメントのしようがない。落ち着いてからにさせてほしい」と言葉を詰まらせたという。

 昭和最後の一番で千代の富士の連勝を53で止めた芝田山親方(元横綱大乃国)も「こんなに早く亡くなるとは」と突然の訃報に動揺を隠せない。連勝を止めた一番については「負けっ放しで自分のプライドもあった。何とかしないとと思って臨んだ結果だった」と当時をしのんだ。元大関栃東の玉ノ井親方も「スターですし、大きな存在を亡くした。すごい横綱だった」と喪失感を口にした。

  • 無言の帰宅をした元横綱千代の富士の九重親方=墨田区の九重部屋(撮影・荒木孝雄)
  • 都内の病院で病死、無言の帰宅をする元横綱千代の富士(九重親方)=31日午後、東京都墨田区(撮影・春名中)
  • 都内の病院で病死、無言の帰宅をする元横綱千代の富士(九重親方)=31日午後、東京都墨田区(撮影・春名中)
  • 九重部屋で対応する関係者=31日夜、東京都墨田区
  • 1991年5月の夏場所初日で貴花田(手前)に敗れた千代の富士=両国国技館
  • 1991年5月、引退発表の記者会見で涙をぬぐう横綱千代の富士=東京都墨田区の九重部屋
  • 1989年9月、国民栄誉賞を受賞し、海部首相(右・当時)らと写真に納まる横綱千代の富士=首相官邸
  • 1981年7月、横綱昇進で記者会見する千代の富士=名古屋市の九重部屋
  • 還暦土俵入りを披露する元横綱千代の富士の九重親方=2015年5月、東京・両国国技館
  • 自らの力士像の除幕式に出席した元横綱千代の富士の九重親方=2011年6月、東京都台東区の望湖山玉林寺