2016.3.6 16:46

川内「五輪はこれで…」 17キロ過ぎで脱落、リオ切符つかめず/マラソン

川内「五輪はこれで…」 17キロ過ぎで脱落、リオ切符つかめず/マラソン

 8月のリオデジャネイロ五輪男子代表選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンが6日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、“公務員ランナー”川内優輝(29)=埼玉県庁=は2時間11分53秒で7位。17キロ過ぎから日本勢の集団から脱落した。

 「五輪はこれで…これについていけないようでは仕方がない」

 昨年12月の福岡国際は2時間12分48秒で8位。今大会で日本陸連の設定記録(2時間6分30秒)を突破しなければ五輪への道はなかったが、厳しいレースを強いられた。フィニッシュ後は脱水症状に陥り、係員に抱えられながら飲料水を何度も口に運んでいた。

 「あと1回。ロンドンの世界選手権へがんばりたい」

 目標は来夏の世界選手権へ切り替えた。リオ切符はつかめなかったが、最強市民ランナーの挑戦はこれからも続く。