2016.3.6 17:06

北島、日本勢最高2位でリオ代表入り有力 川内は7位/マラソン

北島、日本勢最高2位でリオ代表入り有力 川内は7位/マラソン

2時間9分16秒で日本勢トップの2位でゴールする北島寿典=大津市皇子山陸上競技場

2時間9分16秒で日本勢トップの2位でゴールする北島寿典=大津市皇子山陸上競技場【拡大】

 リオデジャネイロ五輪の男子マラソン代表最終選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンは6日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、31歳の北島寿典(安川電機)が2時間9分16秒で日本勢トップの2位となり、代表入りを有力とした。石川末広(ホンダ)も2時間9分25秒の4位で代表に名乗りを上げた。ルーカス・キメリ・ロティチ(ケニア)が2時間9分11秒で優勝した。

 深津卓也(旭化成)が5位で、一般参加の川内優輝(埼玉県庁)は7位。ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)は8位に終わった。代表争いでは福岡国際で2時間8分56秒を記録し、日本勢最高の3位だった佐々木悟(旭化成)がタイムではリードしている。代表は17日の日本陸連理事会で決定する。(スタート時曇り、気温19・8度、湿度59%)