2016.2.22 14:00

ジャガー横田、大仁田厚氏に鼻骨折られる 反則ありの男女混合試合でボコボコに

ジャガー横田、大仁田厚氏に鼻骨折られる 反則ありの男女混合試合でボコボコに

大仁田厚に鼻の骨を折られたジャガー横田

大仁田厚に鼻の骨を折られたジャガー横田【拡大】

 女子プロレスラーでタレント、ジャガー横田(54)が22日、「初めての鼻骨骨折…」とのタイトルで自身のブログを更新。元参議院議員でプロレスラーの大仁田厚(57)に鼻骨を骨折させられたことを明かした。

 ジャガーは17日、東京・新木場1stRingで開催された男女混合のプロレスユニット『CRYSIS』で、大仁田らを相手に男女混合の6人タッグマッチを行った。

 ジャガーは「(この試合は)簡単に言いますと…刺激的で反則あり、何でもO.Kなので机の切れ端で相手を堂々と殴れましたから気分爽快!!」(原文ママ)と、過激な試合を総括。何でもありの試合では「(大仁田氏に)仕返しのエルボーを顔面に受けまして…」と鼻骨骨折したことを報告し、自身の鼻のレントゲン写真を掲載した。

 負傷には「お互い様です!」としたジャガー。「この2ミリのズレが私の美貌?の妨げになったら困るので(笑)鼻の穴に器具を入れて治して来たからもう大丈夫!」と、ユーモアを交えながら鼻骨の治療を終えたことを明かした。

 しかし、負傷したのはそれだけではなかった。「机の切れ端で相手を殴ったら淵で手を切りまして六針縫いました」と、傷を縫合した右手の写真も掲載。ジャガーは「賛否両論のご意見はあると思いますが生涯プロレスラーで居る事を選んだプロレスバカな私をご理解頂きたいと思います」とコメント。今回のような大けがをしてもプロレスラーを続けていくと意気込んだ。