2016.2.15 18:30

競歩世界記録保持者の鈴木、リオ五輪絶望…故障で選考会に出られず/陸上

競歩世界記録保持者の鈴木、リオ五輪絶望…故障で選考会に出られず/陸上

鈴木雄介

鈴木雄介【拡大】

 日本陸連は15日、男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介(28)=富士通=が、恥骨結合炎の影響による調整の遅れのため、リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権20キロ競歩(21日、神戸)を欠場すると発表した。3月20日の全日本競歩能美大会もエントリーを見送る予定で、五輪代表は絶望的となった。

 昨年8月の世界選手権(北京)を途中棄権した鈴木は、文書でコメントを発表。「多くの皆様に応援や期待をいただいている中で、大会欠場の報告となってしまったことを大変申し訳なく思います。今後はリハビリトレーニングを行いながら復帰に向けて、皆様のご声援に応えられるよう取り組み、自己記録の更新、世界選手権のメダル、東京オリンピックでの金メダルを目指していきたいと思います」と現在の心境を語った。

 指導する今村文男コーチ(49)は、「目標であったリオデジャネイロオリンピックの出場の可能性が低くなりましたが、2020年の東京オリンピックへ向けた強化のスタートと位置づけ、万全な状態で日々の練習が積めるようにサポートしてまいります」とコメントを寄せた。