2016.1.31 13:57

葛西、最年長表彰台記録を更新!「1本目はほぼ完璧なジャンプ」/ジャンプ

葛西、最年長表彰台記録を更新!「1本目はほぼ完璧なジャンプ」/ジャンプ

3位で表彰台に上がった葛西紀明=札幌市・大倉山ジャンプ場(撮影・高橋茂夫)

3位で表彰台に上がった葛西紀明=札幌市・大倉山ジャンプ場(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子札幌大会最終日は31日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル、K点120メートル)で個人第15戦が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が138・5メートル、134メートルの合計259・5点で3位に入り、自身のW杯最年長表彰台記録を43歳7カ月に更新した。表彰台は今季2度目で通算58度目。

 アンデシュ・ファンネメル(ノルウェー)が265・9点で今季初勝利、通算3勝目を挙げた。伊東大貴(雪印メグミルク)は7位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は21位、中村直幹(東海大)は25位、伊藤謙司郎(雪印メグミルク)は29位。

 上位30人による2回目に進めなかった佐藤幸椰(雪印メグミルク)は31位、竹内択(北野建設)は33位、小林陵侑(土屋ホーム)は36位、作山憲斗(北野建設)は42位。伊藤将充(北海道・下川商高)は45位に終わった。栃本翔平と原田侑武(ともに雪印メグミルク)は予選落ちした。(共同)

葛西紀明の話「1本目はほぼ完璧なジャンプだった。一番気にしていた飛型点も決まった。2本目は飛ぶ前はいい精神状態だったが、飛ぶ瞬間に力が入ってしまった。優勝するチャンスがあったので残念」

伊東大貴の話「1本目は練習通りの内容で飛べて、風が良かったので距離を伸ばせた。2本目は風にやられた。運も味方につけないと上位にいけないことをつくづく感じた」

伊藤謙司郎の話「それなりに動けた感じがしたので、いいジャンプができればチャンスはあった。ポイント(30位以内)を取ることと(W杯代表の)枠をつかみ取ることが目標」

中村直幹の話「ポイント(30位以内)は取れたので、そこに常にいられるような技術がほしい。世界のレベルはまだまだ上だなと実感させられた。楽しいW杯だった」

小林潤志郎の話「ポイント(30位以内)は取れたので最低限の結果。今は我慢のしどきだと思う。2回目は滑りから空中への移行が良かった」

  • 3位で表彰台に上がった葛西紀明(右)(左から2位のフォルファン、ヨハン・アンドレ、優勝のファンネメル・アンダーシュ)=札幌市・大倉山ジャンプ場(撮影・高橋茂夫)
  • 大会終了後に行われたギネス認定贈呈式で観客の声援に応える葛西紀明=札幌市・大倉山ジャンプ場(撮影・高橋茂夫)
  • 大会終了後に行われたギネス認定贈呈式で微笑む葛西紀明=札幌市・大倉山ジャンプ場(撮影・高橋茂夫)