2016.1.23 18:50(1/2ページ)

北の富士氏、舞う座布団に「カツラがずれた」 10年ぶり日本出身力士V前進に大喜び/初場所

北の富士氏、舞う座布団に「カツラがずれた」 10年ぶり日本出身力士V前進に大喜び/初場所

懸賞金を手に吠える琴奨菊(右)=両国国技館(撮影・中井誠)

懸賞金を手に吠える琴奨菊(右)=両国国技館(撮影・中井誠)【拡大】

 大相撲初場所14日目(23日、両国国技館)大関琴奨菊(31)が関脇栃煌山を寄り切りで下し1敗を守った一方で、横綱白鵬(30)は大関稀勢の里に押し出しで敗れ2敗目を喫した。ラジオ中継で解説した北の富士勝昭氏(元横綱、73)は座布団の舞う中で「カツラがずれた」と、10年ぶりとなる日本出身力士の優勝へ一歩前進したことを喜んだ。

 琴奨菊について「いつも地味な存在なんだけどね」と話した北の富士氏は、「きのうの負けが、微妙に響いているか。響かないわけない」と案じていたが、琴奨菊は一気に寄り切って1敗を守りきった。これに北の富士氏は「気迫がすごかった。きょうは特に気合が入っていた」と話すと、「最後にダメを押しましたな、珍しく」とコメント。ダメ押しの行為には「完全にダメ」と言いながらも、平成18年初場所の元大関栃東以来となる国内出身力士の優勝へ白星としたことに気を良くしたのか、「きょうは良い」と笑った。

 結びの一番を前に「プレッシャーがかかってきましたね。いくら経験が多いからといっても」と北の富士氏の予測が聞こえたように、白鵬は力なく稀勢の里に押し出しで敗れた。北の富士氏は「中途半端な立ち会いをしたね」というと、「あれじゃ押してくれといわんばかりだった。迷いがあったんでしょうね」と解説。その上で「稀勢の里も男になりたいよね」とたたえた。

【続きを読む】

  • 寄り切りで栃煌山を破った琴奨菊(上)=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 寄り切りで栃煌山を破った琴奨菊(右)=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 立ち会いで栃煌山を張る琴奨菊(右)=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 琴奨菊戦に出た懸賞幕=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 栃煌山を寄り切りで下した琴奨菊=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 栃煌山を破って1敗を守り、引き揚げる琴奨菊=両国国技館
  • 栃煌山との取り組みを前に気合を入れる琴奨菊=両国国技館
  • 大相撲初場所14日目、関脇栃煌山との取り組みを前に気合を入れる大関琴奨菊。寄り切りで破り単独トップに立った=東京・両国国技館
  • 塩をまく琴奨菊=両国国技館(撮影・今野顕)
  • 両国国技館を後にする琴奨菊=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 支度部屋で記者の質問に答える琴奨菊=両国国技館(撮影・中井誠)
  • 琴奨菊が勝利し、ファンから握手を求められる父・菊次一典さん(中央)=両国国技館(撮影・中井誠)