2016.1.2 22:48

金子繁治氏、84歳で死去 金子ジム名誉会長、日本人初の東洋王者

金子繁治氏、84歳で死去 金子ジム名誉会長、日本人初の東洋王者

 金子 繁治氏(かねこ・しげじ=金子ボクシングジム名誉会長)2日午後、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去、84歳。新潟県燕市出身。葬儀・告別式は9日午前11時から目黒区中央町1の21の10、日本基督教団碑文谷教会で。喪主は妻延子(のぶこ)さん。

 現役ボクサー時代の53年に東洋(現東洋太平洋)フェザー級王座を獲得し、日本人初の東洋王者となる。引退後の65年に金子ジムを設立した。近年は進行性核上性まひを患い、闘病生活を続けていた。(共同)