2015.10.26 05:03(1/3ページ)

治郎丸さん、ハーフ&ハーフ男子独走完全V/軽井沢マラソン

治郎丸さん、ハーフ&ハーフ男子独走完全V/軽井沢マラソン

ハーフ&ハーフ男子で完全優勝を果たした治郎丸さんは、桜美林大でプレーイングコーチとして学生を指導する(撮影・小倉元司)

ハーフ&ハーフ男子で完全優勝を果たした治郎丸さんは、桜美林大でプレーイングコーチとして学生を指導する(撮影・小倉元司)【拡大】

 紅葉に彩られた晩秋の軽井沢を駆ける『2015軽井沢マラソンフェスティバル』は25日、2日連続でハーフマラソンを走る「ハーフ&ハーフ」男女の第2日と、「第6回サンスポ軽井沢リゾートマラソン」の一般ハーフ男女、5キロ男女が行われた。ハーフ&ハーフ男子では、駒大で箱根駅伝出場経験を持つ桜美林大コーチの治郎丸(じろまる)健一さん(31)が2日間連続トップタイムの合計2時間19分32秒で完全優勝。同女子は大石真利那さん(22)=ラフィネ=が大会新の2時間54分36秒で完全Vを果たした。

【続きを読む】

  • 紅葉の中、6000人のランナーがいい汗を流した(撮影・納冨康)