2015.10.18 05:01

中大・徳永、“爆発”走で日本選手トップ/駅伝

中大・徳永、“爆発”走で日本選手トップ/駅伝

87回連続の箱根駅伝出場を決めた中大の選手たち=国営昭和記念公園(撮影・斎藤浩一)

87回連続の箱根駅伝出場を決めた中大の選手たち=国営昭和記念公園(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 東京箱根間往復大学駅伝予選会(17日、陸上自衛隊立川駐屯地-国営昭和記念公園)中大は、8位で87回連続90度目の出場を決めた。9月の日本学生対校選手権後に左足底を痛めた徳永照(4年)が59分17秒で日本選手トップとなる4位に入った。大会前にパーマをかけ「グルグルになった」と苦笑い。ボサボサになった髪にならい(?)爆発的な走りをみせた。前回の本大会は9区まで8位につけながら、最終10区で大失速して19位。浦田春生監督は「生き残れるチームにしたい」と雪辱を誓った。

(紙面から)