2015.10.13 05:03(1/3ページ)

神野不在でも強ぇ~!青学大、2位に大差の大会新でまず1冠/出雲駅伝

神野不在でも強ぇ~!青学大、2位に大差の大会新でまず1冠/出雲駅伝

人さし指を突き上げ、1冠をアピールした一色。エース抜きでも強さをみせた

人さし指を突き上げ、1冠をアピールした一色。エース抜きでも強さをみせた【拡大】

 出雲全日本大学選抜駅伝(12日、出雲大社前-出雲ドーム前)1月の箱根駅伝で完全優勝した青学大が2時間9分5秒の大会新で、2012年大会以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。右すねの疲労骨折のため、『3代目山の神』ことエース神野(かみの)大地(4年)が欠場する中、2位でたすきを受けた最終6区の一色恭志(ただし、3年)が、区間2位の29分11秒と快走。11月の全日本大学、箱根と合わせた大学駅伝3冠へ好発進した。今年の箱根で2位の駒大は3位、青学大と並んで優勝候補だった東洋大は4位だった。

【続きを読む】

  • 記念撮影で笑顔の原監督(後列中央)ら青学大。目指すは3大駅伝制覇だ
  • 2度目の優勝を果たした青学大アンカーの一色恭志=出雲ドーム
  • 2位でゴールする山梨学院大アンカーのドミニク・ニャイロ=出雲ドーム
  • 出雲駅伝の歴代優勝校
  • 最近10年の大学3大駅伝優勝校