2015.6.28 19:39

福島、100メートル6連覇!5年連続200メートルと2冠/陸上

福島千里はテレビカメラに向かって笑顔でポーズをとる=デンカビッグスワンスタジアム (撮影・大橋純人) 

福島千里はテレビカメラに向かって笑顔でポーズをとる=デンカビッグスワンスタジアム (撮影・大橋純人) 【拡大】

 日本選手権最終日(28日、デンカビッグスワンスタジアム)女子100メートル決勝で、福島千里(27)=北海道ハイテクAC=が11秒50(向かい風0・3メートル)で6連覇を飾り、200メートルとの2冠を5年連続で達成した。

 「通過点であったらいい。世界の舞台でしっかり走れれば」

 追い風1・9メートルの条件下だった準決勝は、11秒42で1組1着だった。決勝ではタイムを落とし、「レースを終わった後に疲労を感じなかった。力を出し切れなかった」と不完全燃焼だった。

 2010年4月に記録した自己記録(11秒21)更新は、またも持ち越された。それでも「いいところもあり、課題もあった。次につながるレースになった」と個人2種目で代表入りした8月の世界選手権(北京)をみすえた。

  • 女子100メートル決勝11秒50で優勝した福島千里(右)=デンカスタ
  • 女子100メートル決勝11秒50で優勝した福島千里(左)=デンカスタ