2015.6.28 16:31

畑瀬、砲丸投げで18メートル78の日本新記録!「夢は20メートル」/陸上

 陸上・日本選手権最終日(28日、デンカビッグスワンスタジアム)男子砲丸投げで、畑瀬聡(32)=群馬綜合ガード=が18メートル78の日本新記録をマークし、4年連続9度目の優勝を飾った。

 「一昨年から(日本記録を)出せるといいながら出せなかった。少し恩返しできた」。雨が降りしきる中、5投目に2009年10月に山田壮太郎がたたき出した従来の日本記録(18メートル64)を14センチ上回ると、手をたたいて右腕を突き上げた。

 それでも8月の世界選手権の参加標準記録(20メートル45)は遠かった。「夢は20メートル投げること。あきらめずにやっていく。この大会で10回勝つまではやめられない」とさらなる進化を誓った。