2015.3.22 18:03

川内、ぶっちぎりゴールで回復に手応え 代表選考方法に戸惑いも/マラソン(1/3ページ)

ハーフマラソンで、ぶっちぎりのトップでゴールした川内優輝。足にはコンプレッションソックスが…=熊谷さくら運動公園陸上競技場

ハーフマラソンで、ぶっちぎりのトップでゴールした川内優輝。足にはコンプレッションソックスが…=熊谷さくら運動公園陸上競技場【拡大】

 昨秋の仁川アジア大会マラソン男子銅メダリストで“市民ランナーの星”川内優輝(28)が22日、熊谷さくらマラソン(埼玉・熊谷さくら運動公園発着)のゲストランナーとしてハーフマラソンに出場。1時間4分41秒で後続をぶっちぎってトップでゴールし、回復しつつある体調に手応えをつかんだ。

 「今出せる力としては、いいレースができました」。川内は納得の表情で話した。「序盤は大東大の学生や、一般の見覚えある選手と集団を作っていて、特にぶっちぎるつもりもなかったんですが…」。中盤、軽くペースを上げたら周りがどんどん脱落し、9キロ付近から独走状態になった。

【続きを読む】