2015.1.31 23:29

白鵬、スマステで批判問題を謝罪「お詫びしたいです」

白鵬

白鵬【拡大】

 大相撲初場所の優勝一夜明け会見(26日)で日本相撲協会審判部の13日目(23日)の勝負判断を痛烈に批判した横綱白鵬(29)=宮城野=が、31日のテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(後11・15)に生出演し、審判批判問題を謝罪した。

 横綱は番組冒頭で「あらためてこの場を借りて、33回優勝し、平成の時代にこの偉大な記録、また新記録を見せることができて大変、幸せに感じております」と挨拶。

 続けて「場所後の件ですが、多くの方にご迷惑、ご心配をかけ、お詫びしたいです。そして、これからも頑張って行きたいと思います。相撲の発展の為に」と自らの言葉で謝罪した。

 初場所で史上最多33度目の優勝を達成した横綱白鵬は26日、東京都内での一夜明け会見で13日目(23日)に同体で取り直しとなった大関稀勢の里戦に言及。「疑惑の相撲が1つある。いかがなものか。家に帰ってビデオを見たら、子供が見ても分かることだった。なぜ取り直しにしたのか。(審判も)元お相撲さんでしょ?」と勝負審判の判断を批判していた。