2014.5.26 05:01

東京龍舟“地元”V!主将・福島「地味な練習が力に」/ドラゴンボート(2/2ページ)

代表選考会の部に出場し、総合ポイントで東京大会優勝を決めた「東京龍舟」(撮影・川口良介)

代表選考会の部に出場し、総合ポイントで東京大会優勝を決めた「東京龍舟」(撮影・川口良介)【拡大】

 地元の意地だ。3回戦制の代表選考レースで、東京龍舟は初戦、先行した関西龍舟シンバを抜いて先着。2戦目は0秒262差の接戦を競り勝った。3戦の合計で優勝が決まるルール(1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイント)のため、2連勝で王手。3戦目は2位となり栄冠を獲得した。

 「冬場に地味な練習を繰り返してきたことが力になった」。主将の福島貢太さん(30)は話す。日本一になったこともある名門だが、3年前の日本選手権では準決勝敗退。それを機に「人を集めることから、チームを立て直してきた」という。

 会社員から東京消防庁のハイパーレスキュー隊員など、メンバーは多種多様。毎週土日に約50人が参加し、江戸川区東大島の本拠地で3~5時間行う全体練習のほか、ジムを経営するメンバーの協力で個々のトレーニングメニューを作成するなど試行錯誤してきたが、その成果が見えてきた。

 今回の優勝で世界選手権選考ポイント5点を得たが、7月20日の日本選手権(大阪)で優勝者は10点を獲得。代表になるにはそこでも勝利が求められる。「まだ細かい部分の修正が必要だが、ぜひ目指したい」。福島さんは力強く言った。

(紙面から)