2014.2.23 11:30

日本人トップは松村 自己新の2時間8分9秒で8位 東京マラソン

一斉にスタートするランナー=23日、東京都庁前(撮影・奈須稔)

一斉にスタートするランナー=23日、東京都庁前(撮影・奈須稔)【拡大】

 今年で8度目の開催となる東京マラソン(サンケイスポーツなど後援)は23日、新宿・東京都庁前から臨海副都心・東京ビッグサイトまでの42・195キロで行われた。優勝は“東京初”の2時間5分台となる2時間5分42秒の大会新記録をマークしたD・チュンバ(27、ケニア)が輝いた。

 今秋の仁川アジア大会代表選考会を兼ねる日本男子は、松村康平(27)=三菱重工長崎=が、自己記録を2分あまり更新する2時間8分9秒で日本人トップの8位に入った。松村は「目標としていた8分台、日本人トップで非常にうれしい」と満足そうに話した。

松村康平の話「展開が速かったので後半が心配だったが、粘ることができた。しっかり力がついている。藤原選手や宮脇選手が注目されていて、それをひっくり返すには結果を出すしかなかった」

  • 東京マラソン2014。東京都庁を出発し靖国通りを走るランナー=23日午前、東京都新宿区(撮影・小野淳一)
  • フリーアナウンサーの山岸舞彩=23日午前、東京都新宿区(撮影・蔵賢斗)
  • スタートするフリーアナウンサーの山岸舞彩(中央)とサッカー解説者の北澤豪(右)=23日午前、東京都新宿区(撮影・蔵賢斗)
  • 下位に沈んだ渋井陽子=東京ビッグサイト(撮影・吉澤良太)
  • 下位に沈んだ渋井陽子(中央)は一般ランナーに囲まれてゴール=東京ビッグサイト(撮影・吉澤良太)
  • 見事完走した宮根誠司(中央)=東京ビッグサイト(撮影・吉澤良太)