2014.1.4 05:10

復路新記録!東洋大、総合歴代2位タイムで完全V/箱根駅伝(1/3ページ)

特集:
箱根駅伝
アンカーの大津を歓喜の胴上げ。東洋大のメンバーにとって最高の正月となった(代表撮影)

アンカーの大津を歓喜の胴上げ。東洋大のメンバーにとって最高の正月となった(代表撮影)【拡大】

 第90回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖-東京・大手町=5区間109・9キロ)往路を制した東洋大が10時間52分51秒で、2年ぶり4度目の総合優勝を飾った。5時間25分38秒の新記録で復路優勝も果たし、「完全優勝」を決めた。7区(21・3キロ)の服部弾馬(はずま、1年)が区間賞の快走。往路2区で区間3位と好走した兄・勇馬(2年)に続いて存在感を示した。往路の5区と3区でそれぞれ区間賞に輝いた双子の設楽啓太、悠太兄弟(ともに4年)は今春卒業するが、午年に飛躍した“馬”の名を持つ服部兄弟の力で黄金時代は続く。

【続きを読む】