スポーツメニュー

ここから本文

スポーツスポーツのRSS

神奈川大のタスキ間に合った/箱根駅伝

2012.1.4 05:02
操作メニューをスキップして本文へ
特集 : 陸上   箱根駅伝

 第88回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場−東京・大手町=5区間109・9キロ)必死で体を投げ出して、汗の染み込んだタスキをつなげた。総合15位に終わった神奈川大は、9区・鈴木駿(3年)に異変が発生。鶴見中継所手前30メートル付近で、「急に足に力が入らなくなった。どうして動かないんだ、って…」。

 フラフラになって道路上に2度昏倒(こんとう)。それでも無意識のまま立ち上がり、10区・高橋俊光(4年)の前に倒れ込んだ。その瞬間、繰り上げスタートのピストルが鳴った。

 「(タスキを)グイッと引っ張られた感覚しか残っていない。つないだかどうか、気になっていた。大丈夫だと聞いてホッとしました」。苦い経験を来年に生かす。

(紙面から)


企画特集

注目サイト