2018.8.10 23:11

八百長疑惑のパルマ、上訴で勝利…新シーズンのポイント減点処分が取り消しに

八百長疑惑のパルマ、上訴で勝利…新シーズンのポイント減点処分が取り消しに

八百長疑惑のパルマ、上訴で勝利…新シーズンのポイント減点処分が取り消しに

八百長疑惑のパルマ、上訴で勝利…新シーズンのポイント減点処分が取り消しに【拡大】

 パルマは八百長疑惑により、2018-19シーズンのポイント減点など処分を受けていたが、イタリアサッカー連盟(FIGC)の控訴裁判所は9日、処分の取り消しを命じた。『Goal』の取材により明らかになった。

 パルマは2017-18シーズンのセリエBを2位で終え、3年ぶりとなるセリエA復帰を決めた。しかしシーズン最終節を前にFWエマヌエレ・カライオが対戦相手であるスペツィアの選手に意味深なメッセージを送るなど八百長が疑われる行為があったとして調査が行われた。FIGCはクラブに対し、新シーズンの-5ポイント減点を科したほか、カライオには2年間の資格停止処分および罰金2万ユーロ(約250万円)が命じていた。

 その後、パルマは処分を不服として控訴裁判所に上訴。その結果、一部の主張が認められ、-5ポイントの減点処分は取り消され、罰金2万ユーロが命じられている。またカライオについては、資格停止期間が今年12月までの5カ月に短縮され、罰金3万ユーロ(約380万円)の判決が下された。

 また『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、パルマの役員ピエトロ・ピッツァロッティ氏は、「ここ数年、献身的に汗を流し、フェアに努力を重ねて目標を達成することができたが、クラブに対し泥が投げられた。たった今、正義が下されて嬉しく思う」とコメントしている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 八百長疑惑のパルマ、上訴で勝利…新シーズンのポイント減点処分が取り消しに