2018.8.9 14:30(1/3ページ)

W杯でスケールアップ!マルセイユ戦士、酒井宏樹に期待すること

W杯でスケールアップ!マルセイユ戦士、酒井宏樹に期待すること

特集:
酒井宏樹
W杯でスケールアップ!マルセイユ戦士、酒井宏樹に期待すること

W杯でスケールアップ!マルセイユ戦士、酒井宏樹に期待すること【拡大】

 ・現時点での立ち位置

 右サイドバックの主力(3バックや左サイドバックにも対応)

 ・個人ノルマ(期待)

 ゴールに直結する動きの向上とアシスト数アップ

 ・ポジション争いのライバル

 ブナ・サール

 ■ロシアで堂々戦い抜きフランスへ

 ロシア・ワールドカップ後の短い休暇を終えた酒井宏樹がオリンピック・マルセイユのトレーニング場に“出社”した初日、クラブの公式ツイッターは、『俺たちの戦士が帰ってきた!』と喜びを伝えた。酒井がフィットネスルームに顔を出すと、仲間たちからは「お!W杯ベストプレーヤーのご帰還だぞ!」と歓迎の声が上がる。

 「自分の居場所に戻ってきた」

 仲間とじゃれあう酒井の笑顔には、そんな気持ちが表れているようだった。

 彼らが言った「W杯ベストプレーヤー」という称賛はあながち間違っていない。フロリアン・トーバン、アディル・ラミ、GKスティーブ・マンダンダの3人はフランス代表メンバーとして優勝メダルを持ち帰ったが、控え組だった彼らとは対照的に、酒井は日本代表が戦った全4試合で先発フル出場と、主力としてロシア大会を戦い抜いた。

 その彼の活躍ぶりを、仲間たちも頼もしい思いでフォローしていたことだろうが、彼が善戦したことは彼らにとっては驚きではなかったはずだ。酒井はマルセイユで昨シーズンも十二分にチームの柱として奮闘していたのだから。

 昨シーズンは、ヨーロッパリーグ準々決勝のライプツィヒ戦で待望のマルセイユ初ゴールもマークした。

 本拠地ヴェロドロームで5-2と大勝、クラブ史に残るエキサイティングな試合となったこの一戦で酒井が勝利を確定する5点目を挙げた時の、ルディ・ガルシア監督やチームメイト、ファンたちの喜びようはすさまじかった。

 そんな彼が、第34節のリール戦で膝を負傷したときには、リーグ・アン3位の座と、ヨーロッパリーグ優勝を目指していた大事な時期だっただけに、ガルシア監督が「サカイはうちのディフェンダー陣の中で最も守備が強い。彼の離脱は非常に痛い」と悲痛な面持ちで語ったほど。

 驚異的な回復力で第37節には戦列に復帰したが、コンディションが整わずにヨーロッパリーグ決勝戦出場はかなわなかった。しかし新シーズンも、酒井は右サイドバックの主力としてしっかりとガルシア監督の構想に組み込まれている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. W杯でスケールアップ!マルセイユ戦士、酒井宏樹に期待すること