2018.8.2 19:00(1/2ページ)

【サッカーコラム】カズ&槙野が祝福!? 53歳の誕生日に横浜と浦和を“ダブルヘッダー”取材

【サッカーコラム】

カズ&槙野が祝福!? 53歳の誕生日に横浜と浦和を“ダブルヘッダー”取材

特集:
No Ball, No Life
6月21日、ロシアから帰国した三浦知良

6月21日、ロシアから帰国した三浦知良【拡大】

 【No Ball,No Life】7月27日。記者は53歳の誕生日を迎えた。いまさら誕生日を喜ぶ年齢でもないが、今回の誕生日は自分にとって「特別な日」になった。誕生日だというのに、この日は“ダブルヘッダー”。午前中はJ1浦和を取材し、午後はJ2横浜FCを取材した。前日26日、日本代表の新監督に森保一氏の就任が発表され、ゆかりのある選手の反応を取材しようというわけだ。通常なら、横浜FCも浦和も練習は午前中。ところが、この日は横浜FCの練習開始が午後3時30分だったことで、両チーム取材が可能になった。それが「特別な日」を演出することになるとは…。

                   ◇

 午後、横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良(51)を取材した。カズと森保氏は1993年、W杯アジア最終予選のイラク戦にともに先発した。試合終了間際に同点に追いつかれ、初のW杯出場が幻に終わった、いわゆる「ドーハの悲劇」を味わった盟友同士。「ぼくらの世代の中で代表監督が誕生したことは個人的にはとてもうれしい。今まで、岡田さん、西野さんらが監督をやったけど、五輪と兼任でやるという大きな仕事を与えられて、日本サッカー界にとっても大きな挑戦だと思う」と森保ジャパンを歓迎した。

 今でも「ポイチ!!(森保の愛称)」と呼んでしまいそうだというカズ。東京五輪にオーバーエージ枠(24歳以上)での出場については「恥ずかしくて、そんなことは言えない。実績を積んでからだね」と笑った。

 この日が記者の誕生日だと告げると、「53歳ですか。ぼくと同世代ですね。おめでとうございます」と両手を差し出して握手してくれた。「必ず、ゴールを決めるから、またサンスポの1面でドーンとやってくださいね」とニヤリ。カズが祝福してくれたことには正直、ビックリした。

【続きを読む】

  • 浦和・槙野智章
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【サッカーコラム】カズ&槙野が祝福!? 53歳の誕生日に横浜と浦和を“ダブルヘッダー”取材