2018.6.29 09:47

「最後の10分間はひどかった」日本の時間稼ぎ、ポーランドで批判相次ぐ/W杯

「最後の10分間はひどかった」日本の時間稼ぎ、ポーランドで批判相次ぐ/W杯

ポーランド戦の終了間際、時間稼ぎでパスを回す乾(14)ら=ボルゴグラード(共同)

ポーランド戦の終了間際、時間稼ぎでパスを回す乾(14)ら=ボルゴグラード(共同)【拡大】

 サッカー日本代表が28日のワールドカップ(W杯)ロシア大会ポーランド戦終盤で時間稼ぎに終始したことに対し、ポーランドのサッカー界からは試合後に「フェアプレーに反する」などと批判が相次いだ。

 主に1970年代に活躍した元代表選手のルバンスキさんはテレビで「最後の10分間はひどかった」と日本代表を酷評。決勝トーナメント進出のためにボール回しを続けた日本代表からボールを奪おうとしなかったポーランド代表にも「がっかりした」と語った。

 また、同国サッカー協会のボニエク会長も同じテレビで「リードされている日本代表が自ら負けを選んだ。こんな試合は初めてだ」と指摘。「試合とは呼べない内容だった」と批判した。(共同)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • ポーランド戦の終了間際、日本のパス回しにブーイングする観客=ボルゴグラード(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 「最後の10分間はひどかった」日本の時間稼ぎ、ポーランドで批判相次ぐ/W杯