2018.6.25 18:03

「川島のパンチングはコメディーのようなミス」 FIFAが酷評/W杯

「川島のパンチングはコメディーのようなミス」 FIFAが酷評/W杯

特集:
川島永嗣
前半、失点した川島=ロシア・エカテリンブルク(撮影・甘利慈)

前半、失点した川島=ロシア・エカテリンブルク(撮影・甘利慈)【拡大】

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグH組で、日本はセネガルと2-2で引き分けた。前半11分、パンチングミスでセネガルに先制点を許したGK川島永嗣(35)=メス=について、国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトは、「コメディーのようなミス」と酷評した。

 日本は11分、原口が右サイドから放り込まれたクロスの対応を誤り、左サイドのユスフ・サバリにフリーでボールを渡してしまう。サバリが強烈なシュートを放つと、川島が痛恨のパンチングミス。詰めていたサディオ・マネに当たって先制点を献上した。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 「川島のパンチングはコメディーのようなミス」 FIFAが酷評/W杯