2018.6.15 07:04(1/2ページ)

ロペテギ、レアル指揮官就任「昨日は母の死以降最低の日で今日は最高の日」

ロペテギ、レアル指揮官就任「昨日は母の死以降最低の日で今日は最高の日」

ロペテギ、レアル指揮官就任「昨日は母の死以降最低の日で今日は最高の日」

ロペテギ、レアル指揮官就任「昨日は母の死以降最低の日で今日は最高の日」【拡大】

 Rマドリードは14日、ジュレン・ロペテギ監督の就任会見を開いた。

 Rマドリードは先日、ジネディーヌ・ジダンの後任として来シーズンからロペテギ監督が指揮を執ることを発表。しかし、ロペテギは5月にスペイン代表との契約を2020年まで延長したばかりだったため、大きな物議を醸した。

 さらにその直後、スペインサッカー連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長は「我々が知ったのは発表の5分前だった」と怒りを示し、解任を発表。ロシア・ワールドカップ開幕前日のことだった。なお、後任にはフェルナンド・イエロが就任している。

 解任を言い渡され、失意のうちにスペインへと戻ったロペテギだが、選手時代はRマドリードのBチームとトップチームに在籍。現役引退後にも、同クラブで選手のスカウティングや下部組織の監督などを務めていただけに、就任会見では喜びを露わにしている。

 この就任会見ではまずロペテギ監督の現役時代などの映像が流され、その後にフロレンティーノ・ペレス会長がスピーチ。そうして登壇したロペテギ監督は、途中で感動で声を震わせながら、言葉を紡ぐ。

 「あまり感動をしないように気をつけたい。実際、感動するための日にほかならないんだ。言いたいことを言わせてもらうよ。私を信頼で包んでくれて、ありがとう会長、ありがとうRマドリード。誇りと強い気持ちでもって、この責任を引き受ける」

 「最大限の要求を課すクラブにやって来たことは分かっているよ。やるべき仕事はたくさんある。だが、私はこの大きなサイズの挑戦に臨めると感じているんだ。マドリーが持つ力強さとエネルギーは、クラブに加わった瞬間からかみしめている。それらをクラブが成長し続けるため、大切な財産である選手たちを管理していくために使っていけるのだと確信している。私たちはすべてを勝ち取ることを求めている」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ロペテギ、レアル指揮官就任「昨日は母の死以降最低の日で今日は最高の日」