2018.6.15 13:31

ガラタサライ会長、長友を断念?「最良のオファーしたが…」

ガラタサライ会長、長友を断念?「最良のオファーしたが…」

特集:
長友佑都
ガラタサライ会長、長友を断念?「最良のオファーしたが…」

ガラタサライ会長、長友を断念?「最良のオファーしたが…」【拡大】

 日本代表のDF長友佑都の完全移籍の可能性について、ガラタサライのムスタファ・ジェンキズ会長が『fcnblog.com』のインタビューでコメントを残したと、『Goal』イタリア版など複数のメディアが14日、報じている。

 ロシア・ワールドカップが開幕し、日本代表の長友もロシア入り。先日、人気アニメ『ドラゴンボール』のスーパーサイヤ人に似せた金髪の新ヘアスタイルで登場し、周囲を驚かせた長友だが、来シーズンの去就を巡り、インテルミラノとガラタサライの間で小康状態が続いている。

 長友は今冬、ガラタサライへレンタル加入すると、レギュラーとして活躍。リーグ戦制覇に大きく貢献した。このためトルコクラブは長友の買い取りを熱望していたが、所有権を持つインテルミラノが値下げに応じず、完全移籍に向けて暗雲が漂っている。ジェンキズ会長は長友のガラタサライ残留が厳しくなったことを明かしている。

 「インテルミラノに対し、できる限りのオファーを提示した。インテルミラノでは、彼は序列で3番手の選手だったが、我々は彼を評価している。ナガトモは我々の案を受け入れてくれたが、クラブからレンタルは不可能だと言われた。UEFAとの状況についても伝えられた。可能な限り、最良のオファーはしたが、イタリア人がスゴ腕の商人であることは数百年前から知られている。これよりずっと高額のオファーを望んでいた」

 このことから『Goal』のイタリア編集部も、「ユート・ナガトモを失うことを甘んじて受け入れるようだ。ナガトモのインテルミラノ復帰はあり得るかもしれない。だが、金銭的にネラッズーリが満足できる条件であれば、他のクラブへ完全移籍で放出する可能性もある」と結論付けている。長友のW杯での活躍と合わせ、移籍を巡る動向は注目されるところだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ガラタサライ会長、長友を断念?「最良のオファーしたが…」