2018.6.13 05:03(1/2ページ)

西野監督、攻撃に焦点「いい修正ができた」 先発10人入れ替え

西野監督、攻撃に焦点「いい修正ができた」 先発10人入れ替え

特集:
西野JAPAN
初勝利にも、あくまでクール。手倉森コーチ(右)と握手する西野監督 (共同)

初勝利にも、あくまでクール。手倉森コーチ(右)と握手する西野監督 (共同)【拡大】

 国際親善試合(12日、日本4-2パラグアイ、オーストリア・インスブルック)派手なアクションはなかった。試合後は軽く手をたたいただけ。待望の初勝利にも、ダンディーな西野監督は表情を崩さなかった。

 「この試合で焦点を当てたのは攻撃。いい修正ができたと思う」

 0-2で完敗した8日のスイス戦から先発10人を入れ替えた。後半から第3GKの中村を投入し、遠征前の予告通り、2試合で23人全員を起用した。ハーフタイムにはMF香川に「10メートル前に出ろ」と具体的に指示。相手ゴールに圧力をかけ、1得点&2アシストの活躍を呼び込んだ。

 4月の就任から2カ月余りで、本番までに与えられた実戦は3試合のみ。それでも2年間のブランクを経て現場に復帰したJ1最多270勝の指揮官は、「自転車に乗れたら一生乗れる。リフティングも10回できたら100回できる。感覚は思い出せる」と、焦りはなかった。

【続きを読む】

  • 試合後の会見で記者の質問に答える日本代表・西野朗監督=オーストリア・インスブルック(撮影・甘利慈)
  • パラグアイに勝利し、喜ぶ乾(左から3人目)ら日本イレブン=インスブルック(共同)
  • サッカー・最近の日本代表監督就任後の国際Aマッチ初得点者
  • 日本のパラグアイ戦・布陣変遷
  • 勝利して喜ぶ日本代表・香川真司ら=オーストリア・インスブルック(撮影・甘利慈)
  • 試合終了間際、4点目のゴールを決める香川=インスブルック(共同)
  • 国際親善試合のパラグアイ戦で、2点目のゴールを決める乾=オーストリア・インスブルック(共同)
  • 後半、競り合う大迫=インスブルック(共同)
  • 前半、先制点を奪われ肩を落とす植田(右から2人目)=インスブルック(共同)
  • 前半、先制ゴールを許し、ぼうぜんとするGK東口(右から3人目)ら=インスブルック(共同)
  • 前半、競り合う植田(左)=インスブルック(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 西野監督、攻撃に焦点「いい修正ができた」 先発10人入れ替え