2018.6.13 05:00

【本田泰人のハードマーク】コロンビア戦はこのメンバーをベースに

【本田泰人のハードマーク】

コロンビア戦はこのメンバーをベースに

特集:
本田圭佑
後半、チーム4点目のゴールを決めた日本代表・香川=オーストリア・インスブルック(撮影・甘利慈)

後半、チーム4点目のゴールを決めた日本代表・香川=オーストリア・インスブルック(撮影・甘利慈)【拡大】

 国際親善試合(12日、日本4-2パラグアイ、オーストリア・インスブルック)コロンビア戦は、本当にこのパラグアイ戦のメンバーがベースでいい。少し選手を代えるぐらいで…。そう思わせる試合だった。

 前半に先制を許しても安心して見ていられた。それは、守備がよかったから。香川も柴崎も岡崎も、みんなが集中した守備を披露した。4得点よりもむしろ、守備の勝利だと思う。

 柴崎の活躍で、大島が危機感を覚えただろう。香川の存在感に本田はどう感じたか。岡崎の守備力に大迫は? 「やべぇ」と思ったはず。それだけでもチーム全体の底上げになっただろう。

 “控え”と思われた選手が大活躍した。アピールしたい気持ちが、選手から伝わった。とくに柴崎、香川。山口が相変わらずパスミスが多かったことは、気になったけどね。

 吉田は本番では起用するのかもしれない。でも「昌子-植田」のセンターバックは、連動やバランス、コーチングで合格点を与えられる。コロンビア戦は、ぜひ鹿島コンビを使ってほしい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • サッカー・日本代表本田氏の出場選手採点
  • 試合終了間際、4点目のゴールを決める香川=インスブルック(共同)
  • 前半、フリーキックを蹴る柴崎=オーストリア・インスブルック(撮影・中井誠)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【本田泰人のハードマーク】コロンビア戦はこのメンバーをベースに