2018.6.12 12:00

【サッカーコラム】コロンビア戦まで1週間も戦術をすり合わせている西野ジャパンに勝算はあるのか? 

【サッカーコラム】

コロンビア戦まで1週間も戦術をすり合わせている西野ジャパンに勝算はあるのか? 

特集:
西野JAPAN
No Ball, No Life
西野朗監督と話す吉田、本田、長友、長谷部、槙野=オーストリア・ゼーフェルト(撮影・甘利慈)

西野朗監督と話す吉田、本田、長友、長谷部、槙野=オーストリア・ゼーフェルト(撮影・甘利慈)【拡大】

 【No Ball,No Life】これで本当に間に合うのか。W杯1次リーグ初戦のコロンビア戦まで1週間となった西野ジャパン。0-2で負けた8日のスイス戦では、決定機と呼べるシーンがほとんどなかった。

 右のMF原口、左のDF長友がサイドを突破するシーンはあったが、そこからクロスを入れても中の人数が足りず、スイスの高いDF陣に弾き返されるばかり。とくにハリルホジッチ前監督の下ではさかんに蹴っていたDF裏への縦パスが皆無だったことには、驚きを禁じ得なかった。

 「やられたという感覚はない」と主将のMF長谷部は試合後にコメントしていたが、それはスイス側のセリフだろう。後日、試合のVTRを見直したという長友の解説は的を射ていた。

 「結局、足元ばかりでもらうから、相手が自陣に帰る時間を与えてしまう、それでもう攻め手がなくなってしまう。最終的にクロスを上げても、中で弾かれる。これでは話にならない」

 せっかく中盤でボールを奪っても、前線でスプリントする選手がいないため、ショートカウンターの形にならない。西野監督はスイス戦のテーマに「ボールを奪ってからのイメージの共有」を挙げていたが、プレーで表現することはできなかった。

 マリ、ウクライナに1分け1敗だった3月のベルギー遠征では、「縦一辺倒の攻撃」に選手側から不満の声が出た。それでも、相手のDF裏をつくシーンは何回か作っていた。まだ、こちらの攻撃の方がゴールの可能性を感じる。

 スイスはアーリークロスや、浮き球の縦パスで何度か日本のDF裏を脅かしていた。パスの出し手と受け手の呼吸が合っており、キックの精度も高かった。結局はゴールに直結するプレーがものをいう。スイス戦はそこの完成度に雲泥の差があった。やはり、日本はやられるべくしてやられたのである。

 いま西野ジャパンのミーティングで話し合われているのは、前線からボールを取りに行くか、後ろでブロックを敷いて守るかの話し合いである。繰り返すが、コロンビア戦まで1週間。いまさらそんなことをすり合わせている場合なのか。ゴールを奪うところまで、議論は進むのか。その割に西野監督は落ち着いて見えるが、勝算はあるのだろうか。(浅井武)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】コロンビア戦まで1週間も戦術をすり合わせている西野ジャパンに勝算はあるのか?